英検効果

今年度は、休校の影響で特に英語において、中1生の理解度が例年と比べて低いのを感じております。

どうにかしてこの状況を打開したいと考えた結果、中1生 11名全員に英検5級を受検させました。(うち2名は、4級)

 

試験日は1月28日、学年末テストが2月8日から予定されており、準備期間が重なって心配もありましたが、英検は12月から計画的に準備するようにしました。

 

結果は、2名の不合格は出てしまいましたが、英語が苦手な生徒も含めて多くの合格者が出る結果となり、ホッとしたところです。

 

この英検受験が思いのほか、学年末テスト英語の成績アップに結び付いたのは、いい意味で予想外でした。

 

でも考えてみれば、必然かもしれません。

英検5級は、中学1年生レベルです。1年間の復習です。その範囲が学年末テストになるわけですから。

 

英語については、20点、30点アップとこちらも驚くほどの成果です。

 

苦手な生徒にとって、この得点アップはうれしかったでしょうし、自信にもなったと感じています。

 

「英検」効果、恐るべしを痛感した出来事でした!