漢字検定

教室では、毎年必ず漢字検定を行うようにしています。

漢字は、高校受験では配点が僅かのこともあり、中学生になると真剣に学習する生徒が少ないです。

学校、塾でもどちらかというと生徒本人任せになりがちとなります。

 

受験うんぬんではなく、大切な力だと考えています。

 

今日、中1~小4まで、4級~7級にチャレンジしましたが、学年と出来栄えの関係はというと、学年が下の生徒ほど出来ています。

 

小学生の低学年は、素直です。その素直さ(お母さんから褒められたい、合格したら何か買ってもらえる)から、準備にも力が入ります。一方、中学生になると、「どうして、自分だけ漢検?」と初めから否定的な気持ちがでてきます。

 

こんなことから、結果は自ずと明らか。

 

とても残念ですが、モチベーションを上げるためにどうしたらいいのか、

改めて考えていきたいと思っています。